透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の年収2,000万以上の求人

透析医師の年収2,000万以上の求人

医師の年収は専門とする科、年齢、経験年数、資格の有無、行うことのできる医療行為によって変わってきます。特に透析医は年収の開きが大きく、同じクリニックで働く場合でも、かたや専門医の資格を持っていてシャントトラブルに対応することができる医師と、シャントトラブルはできないけれど透析に関しての経験は豊富という医師、また未経験で採用となった医師で、1000万円以上の年収の開きがあるところもあります。

2000万円以上の年収を提示している求人は、将来の院長候補としての求人であるケースも多いです。院長の後継ぎがいない場合、外部から後継ぎを募集するのは珍しいことではなく、安心して病院やクリニックを任せることができると判断されれば、院長候補として2000万円以上の年収を手にすることもできるでしょう。院長候補としての採用を目指すのであれば、専門医としての資格はもちろん、シャントトラブルにもきちんと対応できることが必須となってきます。

国立病院のようにどの地域に行っても同じような待遇を受けることができる場合を除き、地域によって年収にも開きが生まれます。関東や関西の都市部、また福岡、名古屋など中規模都市では透析医の需要はもちろんありますが、それなりに透析医も存在しています。一方で、北海道や東北、甲信越、四国、中国地方などは、必要な透析医の数に対して、実際に働いている医師数が少ないため、それだけ年収も高く設定されているケースが多いです。都市部で自分にぴったりな年収2000万円以上の求人が見つからないのであれば、透析医の数が少ない地域を選ぶのもいいでしょう。

ただ、透析医は対応しなければいけないトラブルの種類もある程度決まっているので、40代や50代である程度経験を重ねていても、年収2000万円を超えると頭打ちになってしまうとも言われています。もちろん中には2500万円の年収を提示している求人もありますが、数にすればわずかです。透析医としてこの先働いていきたいと考えているのであれば、いずれ年収が頭打ちになってしまう可能性が非常に高いことを頭に入れておいた方がいいでしょう。オンコール対応や当直対応など、手当がつく業務を行う回数が多ければ、年収も比例してアップしていく可能性はあります。年収2000万円以上の求人を探すのであれば、手当で収入がアップする福利厚生がしっかりとした病院やクリニックを選ぶといいでしょう。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2017 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.