透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の20代の求人

透析医師の20代の求人

現在では、透析患者は急速に増えつつあります。それは糖尿病が原因で腎不全になる人が急増しているからです。生活習慣病が国民病としてクローズアップされているいま、人工透析の需要は高まり、その専門医もこれからの将来を考えるとより必要となってくるでしょう。人工透析は専門の医療機器が必要となっており、個人経営の小規模クリニックではほぼ治療が不可能です。そのため、ある程度の規模の病院、専門クリニックでの治療を行うことになり、患者さんは週に3度ほどの人工透析治療を行うことによって命をつないでいくのです。そうした患者さんたちのサポート役となるのが人工透析医師です。20代では研修医での経験を積んでも、自分がどの専門医師になるのか目標がはっきりしていない人も多いことでしょう。

腎臓内科の専門医になるには、日本腎臓学会認定の腎臓専門医の規定によると認定内科医か小児科学会専門医、もしくは外科学会専門医、あるいは泌尿器学会専門医のいずれかの資格があり、且つ日本腎臓学会指定の研修施設で3年以上の研修を行っていることという規定があります。だいたい4000人弱ほどの腎臓内科の専門医が日本にはいますが、腎臓医師としてスペシャリストになるのなら最終的にこれらの資格まで取得したいと考える人もいるかもしれません。

とはいえ、20代ならまだまだキャリアチェンジ、専門を変更しても間に合いますし、もし腎臓内科、人工透析医にすこしでも興味があるのなら、透析医師はアルバイトでもかなり割のよいアルバイトに入りますので、一度経験してみましょう。それによって自分の適性が分かる部分もありますし、これから腎臓内科や透析医師のキャリアに本腰を入れて取り組むか決めることもできます。まずは経験してみること、それによって将来の医師としての専門を決めるきっかけにもなりそうです。

また、人工透析の専門医制度の日本透析医学会認定専門医になるには、日本内科学会や日本外科学会で定めたいずれかの認定医あるいは、専門医、また日本泌尿器科学会や日本小児科学会で定めたいずれかの専門医、もしくは日本麻酔学会で定められた指導医の資格を持ち、臨床経験が5年以上あることとあります。そしてその他の例外措置としては、これに該当しない場合でも、日本透析医学会の専門医制度委員会の認定施設で5年以上の臨床経験がある者は、同等の資格を持つとみなすとされています。今現在人工透析専門医としては全国に5000人ほどいます。まだまだ将来性がある専門科なので、これから専門医になることを考えても遅くはありません。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2017 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.