透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の30代の求人

透析医師の30代の求人

透析、腎臓内科の医師として、本腰を入れて専門医になるかどうか決めるのが30代です。もちろん物事を始めるのに遅いということはありませんが、いままでのキャリアで壁を感じたり、専門を変えるというのなら30代までに変えていればまだまだ間に合いますし、30代になると医局に属してそのままのキャリアを築いていくのか、開業医である親の医院を継ぐために医局を離れたり、それぞれの人が自分のキャリアを築くためにそれぞれの道を行き始めます。そんな元同僚や学生時代の友人の態度をみるにつけ、自分の身の振り方を真剣に考えるのが30代の医師です。当然まだ若さや体力は残っているものの、まだ十分な経験を積んでいるとは言いがたく、まだまだ非常勤やアルバイトで生活を立てていたり、研究などとの二足のわらじで忙しい人も多いでしょう。

自分が一体何をしたいのか、学会での発表や学術論文メインでいくのか、それとも臨床現場で活躍するのがあっているのか、それによって将来のキャリアもだいぶ違ってきます。緊急事態が起こりやすく、素早い判断や対応が求められるメリハリのある職場がいいのか、ある程度落ち着いた環境のなかで丁寧な仕事をしていくのが向いているのか、自分の適性に照らし合わせて考えてみましょう。

だいたい30代にもなれば、自分の適性や性格、それからどんな医師になれるのかなど、医師としてのビジョンが、現実と折り合いがついてくる頃です。もし患者さんと丁寧に向き合って、コミュニケーションを大事にしていきたい医師であるのなら、人工透析医師は向いていることでしょう。

比較的透析医師は体力的な問題は少ないですし、これからの将来ますます人工透析を受ける患者は増えていくことが予想されますので、人工透析専門医になるのはかなりスマートな選択でしょう。専門医資格を取得するのも、まだまだ時間がある30代なら難しいことではありません。実際腎臓を病んでいる人は、様々な合併症を抱えている人がほとんどなので、他の専門医、またはコメディカルスタッフとの話し合いや知恵を出し合って患者さんの治療方針を立てていくのも透析医師の重要な役割と言われています。全科的チームマネージメント能力も必要となっています。また医師が大学で出世をしていくなら博士号が必要ですが、それ以外の市中病院や透析クリニックならそこまでの学位は必要ありません。より患者さんに近い治療が提供できるので、そのほうが向いていると感じて人工透析医師に転職することもあるようです。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2018 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.