透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の60代の求人

透析医師の60代の求人

透析医師の60代の求人としては、透析クリニックの院長からさまざまな医療法人の役員など、さまざまなオファーがある年代です。もちろんいままで築いてきた人間関係や社会的な立場のなかから自然発生的にでてきたポジションに収まってもいいですし、自分で転職サイトなどから転職活動をしていくことも考えられます。

いままで日本の医師は所属している医局などの判断が絶対でしたが、いまでは医局の縛りがそこまでではなく、自由に転職活動をしたり、また自分のキャリアは自分で築いたりする人が増えてきました。しかしながら、いままでどっぷり医局的人事に収まってきた人が突然転職サイトなどを利用して転職することは考えづらく、そうした人は、レールが敷かれたままのしかるべきポジションに落ち着いていくことがほとんです。60代になり第二のキャリアを考える時期になって、あまり給料や待遇などにこだわることなく、社会貢献的な考えから転職することは可能ですが、やはりいままでの恵まれたポジションを蹴ってまで転職していく人は少ないのです。

すでに約束されたポジションで医師としてのキャリアを終える人もいらっしゃいますし、開業医で十分悠々自適にやっている人などもいらっしゃいますが、退職後の第二の人生として、発展途上国で豊富な医療知識を生かして活動したり、また少しでも社会に貢献しようとほぼボランティアでさまざまな医療活動に従事する人などもいます。

もちろん豊富な経験や知識を活用して、透析クリニックの院長や責任者などのセカンドキャリアを模索する人もいらっしゃるかもしれません。所属している医療法人で新たに透析クリニックや駅前クリニックを開設することになり、院長として迎えられることもあります。物事はタイミングというのもありますので、もしそうしたチャンスがあったら受け入れてもいいですし、自分で新しいキャリアを模索するのもまたいいでしょう。

すでにある程度の蓄えがあるのであれば、60代になったら自分の好きなことを追求して生きるのも悪くはありません。それまでの経験や知識を活かして医師を続けてもよし、そこから派生する活動に力を入れても悪くありません。さまざまな学術機関や外郭団体などに活路を見出してもいいです。臨床現場を徹底するのか、もしくは論文や国際学会で発表する研究者よりのキャリアを歩んでいるのか、この頃にはそれぞれ自分の道がはっきりしています。個人の特性を生かしてセカンドキャリアを考えてみるといいでしょう。豊かなセカンドライフを過ごすことができるよう、慎重に判断してみてください。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2017 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.