透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の採用基準

透析医師の採用基準

透析医師の採用基準は当然病院によって異なるのですが、やはり採用されやすい人とそうでない人はいます。それは、透析が専門的な領域であることと、患者とのコミュニケーションが独特の診療科であることが原因です。

透析は、腎臓の機能が十分でない場合に、その働きを補うために行われるものです。患者さんは透析を定期的に行うことで体の機能を正常に保っており、逆に言えば体の機能を正常に保つために透析を受け続けているということです。つまり、透析を定期的に受けている状態では比較的元気な患者さんが多く、その状態をいかに維持するかということが透析医師には求められるわけです。病気の予防とはまた違いますが、常に具合の悪い患者さんが訪れる内科などとも違った働き方になります。

そして、注意が必要なのは透析をしているときに急変を起こす患者さんがいるということです。透析の患者さんは、普段は元気なようでも、容体が急変した時は命に関わることもあるような病気を抱えているものです。そのため、透析医師には突然の急変にも冷静に対応し、適切な処置をすることが求められます。腎臓疾患はそもそも医師にとっても簡単な病気ではないため、その急変となると命に関わることもあります。透析医師は、いざという時でも慌てることなく適切な処置ができる経験やスキルを求められるケースが多いです。

また、透析の特殊なとことは、長期にわたって同じ患者さんが通い続けることが多いということです。毎週2〜3回同じ患者さんと顔を合わすことになりますから、患者さんと打ち解けることも多いですし、コミュニケーションをとる機会は多いです。もちろん中には気難しい患者さんや、コミュニケーションのとりづらい患者さんもいますから、そんな患者さんにも上手く接する技術が求められるのです。透析の場合は、何もトラブルがなければほとんどの作業を看護師が行いますし、機器類の技師もいるため、普段は医師は透析の状態をチェックするほか、看護師・技師などとのチームを上手く運用して患者さんの状態を良好に保つことが必要になります。そのため、患者さんとのコミュニケーションだけでなく、スタッフ間のコミュニケーションも重要になるのです。透析センターなどの場合は、腎臓内科医や透析医師としてのスキルはもちろん、こうしたコミュニケーションスキルを重視して採用を行うところも少なくありません。チーム医療の経験は、透析医師にとって重要なのです。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2017 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.