透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の激務でない求人

透析医師の激務でない求人

透析医師の仕事はどんな評判があるのでしょうか?比較的透析医師の仕事環境は恵まれていることが多いとはいわれています。しかし、本当に透析医師の仕事を経験してみないことには、どんな状態なのかわからないですし、その透析医院やクリニックによって違うこともあります。人工透析を受けている患者さんは週に3回ほど、だいたい一回につき4時間ほど透析を受ける必要がありますので、その治療に苦痛を感じたり、シャフトという透析を受ける部分に針を刺すことが必要になるため、痛みを感じたりということがあります。気分を害したり、イライラしていて医師や看護師に当たる患者さんもときにはいらっしゃいますし、お年寄りなど耳が遠かったり、自分の思い通りにならないと気分を害す方もいらっしゃるかもしれません。そんな日常的な患者さんとのやりとり、そして難しさなどをうまくいなせるような人でないと、透析医師は務まりません。看護師さんだけでは手に負えない、いうことを聞いてくれなくても、医師のいうことなら聞いてくれるという患者さんもいます。

大きな病院の腎臓内科は、シャント造設術やシャントPTAのスキルを活かしてさまざまな外科手術などを行うことができますが、かなり多忙で常勤医が少ない現状がありますので、なかなか給料がよくてもプライベートとの両立が出来ず、オンコールや夜勤に悩まされる医師が多い一方、透析クリニックで働くと休みはしっかりとれますし、当直明けで外来など無理なスケジュールで働くこともありませんので、かなり人気があります。総合病院や腎臓内科で働いて、その激務で疲れた人が透析医師として転職してくるケースがかなり多いといいます。

2014年で、人工透析専門医師の数は全国で5000人ほどとなっていました。いまはもう少し増えていることでしょう。そして腎臓外科の経験があれば、とくに人工透析専門医ではなくても透析クリニックへ転職できますし、また現在の職場での激務に苦しんでいても、人工透析クリニックならいままでの知識と経験を活かして転職できる上、自分のペースで仕事に取り組むことができるようになります。

腎臓内科の仕事や当直が頻繁、忙しすぎて腎臓内科、もしくは人工透析専門医としてのキャリアを諦めようかと考えている人、諦めるのはまだ早いかもしれません。キャリアが煮詰まったと思ったら一時的に人工透析医師として、透析クリニックに一時的に務めるのも得策かもしれません。手術や当直などでいつも張り詰めていた神経が休まり、患者さんとのコミュニケーションなども生まれてまた透析医師としてのやりがいをみつけられるかもしれません。ときには環境を変えることも必要でしょう。また違った目線で透析医師の仕事を見つめられる可能性があります。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2018 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.