透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の志望動機の書き方

透析医師の志望動機の書き方

透析医師の重要性と求人の形とはどんなものでしょうか?人工透析の患者は、超高齢化社会に伴ってどんどん増加しています。現在全国では約30万人の人が人工透析を受けているといわれており、その多くは高齢者となっています。腎臓は、一度機能が低下してしまうと、二度とその機能を回復することがありませんので、慢性腎不全になってしまうと、腎臓移植か、人工透析のなかでも血液透析、それから腹膜透析を受けるかの選択を迫られます。現在の日本では、腎臓移植や腹膜透析は一般的ではありませんので、ほとんどの人が血液透析を受けています。そしてその血液透析を受ける施設が透析クリニックになっています。

透析クリニックで行う治療は、たくさんの特別な機器を用いて行うことになり、患者さんは週に3回、だいたい一回につき4時間程度の血液透析を受ける必要があります。これらの治療を受けないと、患者さんは老廃物や尿を体外に排出できなくなり、死亡してしまいます。そのため人工透析は患者さんの命をつなぐための大事な処置となっているのです。その重要性をしっかり受け止めて日々の業務に粛々と取り組むことが大事な仕事となっています。

透析医師求人への志望動機とはどんなものがいいでしょうか?透析クリニックでの仕事は、最初こそ人間関係やそのクリニック独自の仕事の進め方、治療の手順などを学ぶ必要がありますが、慣れてくるとルーチンワークになりがちではあります。比較的お年寄りが多い傾向がありますので、日々の治療のなかで、わかりやすい説明を心がけたり、お年寄りのペースにあわせてコミュニケーションをとる必要がありますが、これも慣れてくればそう難しいことではありません。

透析医師求人の志望動機としては、まずは透析が患者さんにとってなくてはならない重要なトリートメントであること、そして冷静な判断をもって日々の業務に取り組むことが求められます。透析後の患者さんの体力の負担は大変なもので、食事もできないくらい具合が悪くなる人もいますし、透析後はとてもお腹が減るので、クリニックのほうで食事を用意していることがあります。普段の日常生活の指導とともに、患者さんの性格などをよく飲み込んで、きめ細やかな指導を行っていくことが重要でしょう。面倒見がいいこと、そして高齢者などの対応が好きで、細かい仕事を厭わないことなどが透析クリニックの医師には求められます。患者さんの負担を減らし、なるべく健康な人とかわらない日常生活が送れるようにサポートしていくことが大事です。こうしたことを志望動機に組み込むことができれば万全でしょう。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2018 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.