透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の国立病院の求人

透析医師の国立病院の求人

透析医は腎不全の患者をはじめとした人工透析を必要とする患者が増加傾向にあることから、求人も比較的見つけやすいと言えます。もしあなたが国立病院で働く透析医としての転職を考えているのであれば、まずは独立行政法人である国立病院機構のサイトをチェックするようにしてください。国立病院機構は日本で最大規模の病院ネットワークです。国立病院の求人は国立病院機構の採用ページから閲覧することができます。日本全国にはたくさんの国立病院があり、需要も高い透析医ですが、もちろん常に求人があるというわけではありません。もし、国立病院への転職を考えているのであれば、考え始めた時点で求人情報をチェックしておくべきでしょう。

透析医として国立病院で働きたいと考えている場合は、国立病院機構の腎臓内科の求人を確認してください。透析医の求人を見てみると常勤の勤務形態でしか求人が出ていない場合でも、比較的柔軟に対応してくれる病院が多いようです。基本的には常勤は週4日もしくは5日勤務が多いようです。応募資格は病院や医療センターによって異なりますが、即戦力としての募集の場合、卒後3年以上の実績を持っていることが望ましいとされる求人が多くみられます。

また、女性の場合、妊娠・出産・育児を経て職場復帰する医師も多く、そういった方のために託児所が完備されている国立病院や医療センターが多くみられます。0歳児から預かってくれる託児所がほとんどなので、出産後に職場復帰を希望している女性の透析医にとっても働きやすい環境が用意されていることが多いでしょう。育児休暇を取得する場合でも最大3年取得できます。

国立病院の求人を見ているとわかりますが、国立病院で働く最大のメリットは給与面が優遇されていることと、福利厚生が手厚いことにあります。また他の病院にはない安定性もあります。透析は需要が高まっていますから、透析医としての仕事がなくなるという心配はあまり必要ありませんが、民間の病院の場合、経営破たんして倒産してしまう病院もあります。その点、国立病院であればその心配はありません。また国立病院機構に属している病院や医療センターは全国に143拠点ありますが、この中で転職してもそれまでと同じ待遇を受けられるというメリットもあります。例えば、特に女性の医師の場合は、旦那さんや家族の仕事に応じて転勤を強いられる可能性もありますが、転勤となった場合でも受け皿がきちんと用意されているというメリットがあるのです。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2018 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.