透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師で活きる資格

透析医師で活きる資格

透析医師は、社団法人日本透析医学会〜認定されることによって取得できる専門医です。医師の資格を持っていることは大前提ですが、それだけではなく、日本内科学会や日本外科学会によって定められいる専門医や認定医の資格を持っているか、日本泌尿器科学会から認められている専門医であること、もしくは、日本麻酔学会に認定されている指導医の資格を持っていることが必要となります。

これらの資格を持っていれば、誰でも透析医師になれるというわけではありません。こうした資格を持って臨床経験を5年以上持っていることが、透析医師として認定されるための条件となります。ただし、最初の1年間は研修医という扱いになるので、5年間にはカウントすることができません。

こうした基本的な条件をすべて満たしたうえで、透析医師が定めた学術集会などに参加したり、日本透析医学会の審査によって適切だと判断されると、透析の専門医として登録することができます。学術集会へ参加するためには日本透析医学会の会員であることが必要ですが、会員になってから最低でも3年以上の経験や学術集会への参加がなければ、専門医として認定されるのは難しいと言われています。認定前には、採取的な試験も行われます。書類審査によってある程度候補者が絞り込まれた後に筆記試験や面接試験が行われるので、学術集会に参加していれば誰でもいつかは認定されるというわけでもないようです。

このように長い年月と努力のかいあって透析医師としての資格を取得すると、透析医師として転職をすることが可能になります。しかし、医師としての経験は長くても透析医師としての経験はそれほど多くはありませんから、いきなり常勤での転職は難しいかもしれません。そのため最初は管理透析のバイトなど、透析医師としての経験や知識、技術がそれほど求められないバイトから始めると良いでしょう。

透析科への転科を希望する場合には、腎臓内科や透析科などが設置されている病院、かつ、転科OKな病院へ転職するのがおすすめです。これからニーズがさらに高まる透析医師の資格は、多くの病院が透析室を設置し始めているという状況を考えると、これからもっとニーズが増えていく医師求人と言えるでしょう。

人工透析は、従来は患者さんに大きな負担がかかり、精神的にもネガティブな気分になってしまう治療でした。しかし近年では、患者さんの人生の質も重視されるようになっているため、透析医師に求められるスキルも、透析に関するスキルだけではなくコミュニケーション能力なども必要になっているようです。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2018 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.