透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の不足事情

透析医師の不足事情

医師が慢性的に不足していると言われることがよくありますが、その中でも特に不足しているのが透析医師です。高齢化に伴い、人工透析を受ける患者さんは増え続ける傾向にあり、都心部では透析のみを行う透析センターも次々と開設されています。こうした透析センターには透析医師が常駐している必要があるのですが、この透析医師の絶対数が足りません。そのため、求人も1200万円以上の年収で行われているものいくらでもありますし、非常勤の日給も8〜10万円前後と、かなり高給です。それでも求人がいくらでも見つかるくらい、透析医師は不足していると言えるでしょう。

透析医師が不足している理由としては、やはりその特殊な業務内容が要因になっています。透析医師が行う仕事は透析管理といわれるもので、透析患者が適切な処置を受けられるように計画を立ててそれがしっかり行われているかを管理します。また、透析を受けているときに急変があったら、その処置を行い、患者さんが安全に透析を受けられるように管理を行うことも大切な仕事です。一方で医師は病気の患者さんを治療することで回復を促し、元気になって行く姿にやりがいを感じるという人が多いので、治療を続けても全快するわけではなく、現状を維持することを目的とした処置を行うことに、やりがいを感じにくいという医師が多いのです。

また、医療スタッフや透析患者とのコミュニケーションを取るのが苦手という医師も、透析医師として働くのを敬遠する傾向があります。透析医師は、看護師や技師とのチームワークが重要になりますから、チーム医療が好きだという医師でないと、やりづらいと感じることもあるでしょう。これも、透析医師が不足している要因のひとつだと言えるのです。

ただし、こうした透析医師としてのデメリットは、人によってはメリットと感じる可能性もあることです。たとえば、チームで患者さんを支えるチーム医療にやりがいを感じる医師もいますし、患者さんとのコミュニケーションを取るのが楽しいという医師も少なくありません。また、透析医師は医師の勤務先の中でも数少ない残業なしの仕事が可能な仕事です。残業に追われてプライベートが全くとれない医師もいる中で、きっちり定時に帰れる仕事は貴重です。やりがいがないという医師もいますが、患者さんにとっても毎週何度も透析に通うのは負担になることですし、それをケアできるのは透析医師ならではの仕事になります。考え方によっては、十分にやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2018 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.