透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師に多い悩み

透析医師に多い悩み

透析医師は、定期的に透析に訪れる患者さんが計画通りに透析を行い、予定通りの結果が出ているかを確認し、急変があった時にはその対処を行います。常に忙しい急性期病棟の医師などとは違いますが、急変が多いという点では気の抜けない仕事です。また、急変時には適切な処置を行わないと命に関わることもあるので、速やかな判断と処置が必要になります。そういう点では透析医師や腎臓専門医としての経験も必要になりますから、簡単な仕事ではありません。透析医師は透析のケアが中心だから楽だろうと透析医師を目指したものの、急変時の対応が負担になって別の道を選ぶ医師もいるほどです。

また、透析医師の悩みとしてよくあるのが、コミュニケーションの難しさです。総合病院の透析室や、透析センターなどは一般的に数名の医師の他、多くの看護師や機械技師などによって構成されています。しかも、問題がない場合の透析はそのほとんどを看護師が行うことから、透析のベテランともいえる看護師が多いところも少なくありません。そんな看護師や技師とチームを組み、まとめていかなければならないのですから、人間関係に頭を抱える医師が多いのも納得でしょう。中には自分より古株の看護師もいて、看護師から指示されるような状況もあるかもしれませんが、そこは上手くコミュニケーションをとることが大切になります。

また、透析の場合は患者さんとのコミュニケーションも独特です。よく10年以上通っているような透析患者に新人看護師がからかわれることがありますが、医師であってもそれに近い状況になることはあります。また、定期的に通う透析だからこそ、医師や看護師といったスタッフと患者さんの距離も近くなりがちで、冗談を言ったり嫌味を言ったりする患者さんも少なくありません。そんな時でも、上手く対応できるコミュニケーション能力が透析医師には求められるのです。中にはイラッとくることや、対応の難しい患者さんもいますので、透析医師にとっては頭の痛いところですが、患者さんとトラブルになるわけにはいきませんので、相手に合せたコミュニケーションが必要です。透析医師の中には、そういった人間関係が難しいと悩む人も多いのですが、患者さんと距離感が近いだけに親しくしていた患者さんの急変に立ち会うこともあります。患者さんとのコミュニケーションは上手く取れれば楽しいのですが、急変した時のショックもありますから、距離の取り方は難しいところなのです。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2017 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.