透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の福利厚生充実の求人

透析医師の福利厚生充実の求人

医師は一般的な年収平均から考えると収入が多く安定した職業と言えます。しかし、収入と同じくらいに大切なのが福利厚生です。福利厚生が充実していなければ、医師活動を円滑に行うことができないケースもあります。求人を確認する際には年収面での待遇の良さを意識するだけでなく、福利厚生面でも待遇がいいのかどうか、きちんと確認しておく必要があるでしょう。

様々な医療機関で働く選択ができる医師ですが、一般的に福利厚生が充実しているのは公務員扱いとなる国立病院や国立の医療センターです。国立病院や医療センターの場合、どんな地域にいても円滑に医師活動が行えるよう、地域に合わせた手当を用意しています。例えば、医師手当と呼ばれるものは住む地域によって異なり、物価が高い地域であれば地域手当が、物価は安いけれど車での通院が必須な場合は通勤手当が支給されます。またボーナスとも呼ばれる業績手当は、平均で基本給の4か月分の支給を受けることができます。

その他、当直を行った場合は当直手当、医長以上のタイトルを持っているのであれば役職手当、役職を持った職員が緊急時に休日に出勤しなければならなくなったときに支給される役職職員特別勤務手当、地域にある公立病院で人手が足りなくなり、一時的にヘルプに出た場合に支給される付加職務手当、夜間を含む交代制の勤務形態で働いている場合に支給される夜間看護等手当、近隣の過疎地など医師が必要なのに人員が足りない地域に出向いて働いた場合の派遣手当、時間外勤務を行った場合に支給される超過勤務手当など、病院によって名目を変えている場合もありますが、ざっとこれだけの手当が基本給にプラスされることになります。また国立病院や医療センターの中で、年間の医療業績がよかった病院に勤務している場合は特別賞与が支給されることもあります。もちろん扶養家族に対する手当や住居手当、自動車通勤や電車通勤に対する通勤手当、家族を残して単身赴任する場合の単身赴任手当なども手厚く用意されています。

これらは何らかの事情で転勤を余儀なくされた場合でも、国立病院機構に属している医療機関であれば転勤後も基本的に同じ待遇を受けることができます。もちろん地域によって変わってくる部分はありますが、安定した手当をもらうことができます。福利厚生の充実した透析医のポジションを目指すのであれば、国立病院機構に属している医療機関の求人をチェックしましょう。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2017 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.