透析医師求人ランキング

透析医師求人TOP >> 地域別の透析医師求人 >> 透析医師の勤務時間

透析医師の勤務時間

透析医師は透析患者が適切な透析をうけて、体の状態を良好に保てるように透析管理をするのが主な仕事です。そのため、新しく訪れる患者の対応に追われるわけではないので、あまり日中バタバタすることもありませんし、残業もほとんどありません。

勤務時間は勤務する病院や透析センターによって異なりますが、常勤の場合は朝から夕方までの勤務が一般的です。医療施設によって、夜間まで透析を行っている場合は、夜間も含めてシフト制を敷いていたり、常勤は日勤のみで夜間はアルバイトを雇っていたりとさまざまですので、その医療機関に確認したほうが良いでしょう。透析センターの場合は透析のみを行う施設ということで、夜間や休日も透析ができる場合も多く、そうなると勤務時間は多少幅広くなってきます。とはいえ、通常の病院のような一晩中の夜勤があるわけではありませんし、休日はしっかり取れるところが多いので、負担としてはそれほど大きくはないでしょう。

医師の場合、既定の勤務時間がどうであれ、残業が多いのが激務になる一因です。外来も診ながら入院患者の治療もおこない、さらに夜には勉強会というケースも多く、毎日帰宅は深夜でしかも夜勤を挟むと何日も家に帰れないということもあります。しかし、透析医師の場合は残業がない勤務先も多いので、プライベートを充実させたければそういった勤務先を選ぶのも良いでしょう。たとえば、透析のみを行う透析センターの場合は、勉強会などがないところも多いので、残業はほとんどありません。また、夜間は別の医師やアルバイトと交代する場合は特に定時で交代できるので、ずるずる残業になることもないでしょう。

ただし、病院の透析室勤務などの場合は、病院によっては勉強会がある場合もあるので、残業がある場合もあります。病院であっても透析医師に関しては定時に帰れるというところもあるので、これも個別に確認する必要があるでしょう。

どうしても一定の勤務時間しか働くことが出来ないというのであれば、アルバイトや非常勤で勤務をするという方法もあります。この場合はほとんど残業なしの勤務が可能なので、女性医師が育児をしながら勤務するというケースも多いです。最近は、透析センターの開設が相次いでいるほか、夜間の透析も可能にするなど、サービスの良い透析センターも増えているので、医師のほうも多様な働き方ができるようになりました。一方で、透析医師としての認定資格などを希望する場合は、研修会や勉強会に出たり、自分で勉強を続ける人もいます。

透析に特化して転職中のアナタへお勧めのサイトランキング

  サービス名 利用料金 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 詳細




Copyright (C) 2013-2017 透析医師求人ランキング All Rights Reserved.